monoβlogue

How To Become An Invisible Man

せんのー

あちらの国の選挙に関する報道を見ていると、ちょっと気持ち悪くなる。

なんだか科学的事実を全部ひっくり返して「Alternative fact」を振りかざし、

それを信じるものには施しを与えよう。

そう言っているようにしか聞こえない。

edition.cnn.com

 

向こうの国では政治が宗教化しているのだろか?

 

仮に彼が落選するとしても(それにしたって、彼をWHから追い出すのはかなりの苦労が伴うだろう)、そのときはほんとうに宗教家になってKKKをもっと大規模に復活させるかもしれない。いや、彼がいなくても勝手にそういうことは起こるだろう。(そのときはBlackだけじゃなく、ヒスパニックやアジア系も間違いなく狙われる。)

 

最近よく思うのだが、日本でかつて起こった宗教テロの教祖が仮に支配者の地位に就いたら、こんなふうになっていたのかもしれない、と。桜井ナントカさんでもそうなるのだろう。

 

CNNの記事だからだいぶ割り引いて考えなければならないが、

すでにプーチン習近平の国よりアメリカは扱いにくい国になっているのかもしれない。個人としてはすでにそうなっているらしい。

edition.cnn.com

再選ということになれば、WHOだけでなく、WTOも、国連さえも脱退することになるだろう。そうなれば第二のヒトラーになることは間違いない。

 

そのとき、きっと手を組むのは中国とロシアと北朝鮮だよ。アメリカをベラルーシみたいにするにはどうしたらいいか、きっとプーチンと綿密に相談しているはずだ。

www3.nhk.or.jp

りれきしょ

もう履歴書なんかこれっきり

と何度思ったことか。

今やそこら中に私の履歴書がバラまかれている。

(個人情報保護の時代にぞっとするぜ)

 

そしてまた、今日も履歴書と職務経歴書を提出した。

またトライアルを受けることになった。

 

最近はそういうふうにして、向こうから声をかけられて、

トライアル合格と言われても、

それっきりで仕事が来ないことが多い。

 

要するに「人員確保」の指令が出て、

その頭数には入っているが、

実働隊には入っていないということなのだろう。

 

もうこっちも無理がきかないしね。

それでもいいかぁ。

 

正直言うと、もう引退させてもろてもよろしいでっか。

なんですけど。。。

できちゃったよ...

朝の体操の時刻に起きてはみたものの

この体調じゃ無理

そう思ってまた寝ようとした。

 

しかし寝られず、

しょうがない

そう思って起き出した。

 

結局1時間、

予定通りのメニューをこなした。

 

できるじゃん。

あそこが痛いここが痛い

なんて言ってるけど

サボりたいだけじゃん。

 

そうじゃねーんだよ!

そうじゃないんだけど。。。

なんだかね、

期限を過ぎて

長生きしすぎている気分だ。。。

1週間ちょい

1週間以上「決めたメニュー」をこなすことを目指して頑張った。

そのせいか、からだにかなり疲れがたまっているようだ。

 

昨日、一昨日と腰痛が出た。Amazonで購入したクッションをさっそく敷いて、長時間座っていた。なかなかいい感じだったのだが、今度はまた股関節痛が出た。どうやら腰痛とつながっているようだ。

 

ほったらかしにしていた股関節サポーターをつけてみたら、なかなか具合がいい。今まではつけ方がよくなかったのだ。

 

今日は「要介護認定」の訪問調査がある。ブログなんかを読んでいると、部屋に入ってこられたりするらしい。それだけでも大きな負担に感じる(別にオレの部屋じゃないけど)。

 

休養のため、「決めたメニュー」を今日は休むか、と考えてみると、丸一日かけて頑張ってきたことだから、残るものが何もなくなる。

 

その代わりに録画してあるテレビ番組でも見て過ごせばよさそうなもんだけど、そういう気にもならない。

 

「自分に鞭打つ」ことを増やすのは得意らしいが、「休ませる」ことは得意じゃないらしい。なにせ長時間眠ることもできなくなってしまったのだから。

 

どちらかのブログで「至福の」という言葉を見かけて、オレは今までそういうものを感じたことがあったのか、と思ってがっくりきた。オレはカツオと同じ。泳ぐのをやめれば死ぬだけの存在だったのだ。 

せいじか

今回の2度目の辞任で(1回目の前から嫌いだったけど)、すっかり「政治家って自分のことばっかり考えているのか?」と思うようになった。

何も安倍さんだけのせいじゃなく、世界中の政治家が、、、なんだけど。

それでたまたま昼のニュースで、3人の総裁候補の話が流されていた。

それを聞いた感想。

 

石破さん:よくわかっている。細かいことまで。ただ、細かすぎるのかも、という懸念も。つまり、どこかでこけたら連鎖的に破綻する気がする。

 

菅さん:安倍さんの焼き直しという感じ。大まかなスローガンばかりで、実行できるかどうかと言われれば、安倍さんと同じでできないだろう。要するに、細かいことまでわかっているわけではない。

 

岸田さん:上っ面を撫でているだけの感じ。細かいことはまったくわかってない。一般的に政治家という人種はこういうものなんだろうと思う。多分、この人が親分になったら、日本列島は漂流する。。。

 

日曜討論を見ていたわけでもないので、部分的に見ただけで、結論するのは荒っぽすぎるが、NHKがこういうところを引っ張り出してきたということは、局としては、菅首相、石破さんはブレーン、てなことを狙ったものかもしれないと、勝手に勘ぐった。多分、国民にとってはそれが現状では一番かもしれない。

 

ただ、菅さんとトランプが並んでいるところは見たくない。件の「Little Rocketman」よりずっと小さくて、きっと子ども扱いされるぜ。(肩にも届かないんじゃないか?)

変わる天気予報

パソコンやスマホで見るときは「日本気象協会」のtenki.jpを見る。

NHKの予報とはかなり違う。

NHKのソースは「気象庁」らしい。

どっちがどうなのか、素人にはよくわからないが、とにかく、昨日までは「夏」そのものの天気。今日も30℃を超えるものと予想されていたが、いつの間にかtenkki.jpの方は、今日以降30℃に満たない日が続く予報に変わっていた。

「ナントカ心と秋の空」というから、天候が変わりやすい季節なのだろうが、こっちとしては予定を立てにくい。

ただ、今年は「予定」といっても畑仕事ぐらいで、1週間に1回ぐらいの作業だから、影響はそれほどないのだが。

ときどき、「晴れ」の予報になっていて、途中で雨が降ったら、その後見るといつのまにかマークが「雨」マークにすり替わっていたりする。

ちょ、ちょっとぉ、そんなのありなの?予報を出す方としても、コンピュータの計算結果に振り回されていらっしゃるだろう。

とりあえず、今日から秋だと信じてみることにする。

tenki.jp

www.nhk.or.jp

 

invisibleman.exblog.jp